事務所ブログ

自筆証書遺言の要件が少し緩やかになりました!

2019.01.21

 相続のルールについては、「民法」という法律に規定があります。
 相続については、1980年(昭和55年)の改正以来、制度の大きな見直しがなく現在に至っていますが、今般、超高齢化の進展や社会経済等の変化等により見直しがなされ、大きく変わることとなりました。
 2020年までの間に段階的に施行されます。

 その1つとして、自筆証書遺言に関する改正が、2019年1月13日に施行されました。

 従来は、財産目録も含めて遺言書の全文を自書する必要がありましたが、これからは、遺言書に添付する財産目録については、手書きの必要がなくなります。
 したがって、財産目録については、パソコン等で作成してもOKということになります。ただし、偽造防止等の意味合いから、各ページに署名押印が必要です。

 財産目録以外の本文の部分については、これまで同様、手書きする必要があり、遺言書の全文をパソコンで作成することはできませんが、これまでに比べ、いくらか自筆証書遺言を作りやすくなったとはいえそうです。

 相続をめぐる紛争を防ぐには、遺言書は1つの有効な手段です。
 横浜・関内で、相続・遺言について、弁護士・法律事務所をお探しの方、まずは一度、星原法律事務所の法律相談をお勧めします。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。
045-319-4536
受付時間 9:00-18:00 定休日 土曜 日曜 祝日
横浜・関内で離婚や労働問題の相談をするなら
星原法律事務所
神奈川県横浜市中区常磐町1-2-1 関内電子ビル2階B
メールでのお問い合わせはこちらから
アクセス


〒231-0014
神奈川県横浜市中区常盤町1-2-1 関内電子ビル2階B

受付時間
月~金 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日

ホームページを見たとお伝えください。 045-319-4536
お問い合わせ 詳しくはこちら