事務所ブログ

【相続・遺言】遺言に私の取り分がありません。相続できないの?

2015.01.31

「遺言書が出てきたので、内容を確認したら、『全ての財産を長男に相続させます』とあり、二男である私の分がありませんでした。私は一切もらえないのですか?」
 

 一定の相続人には、「遺留分」といって、最低限取得できる権利が認められていますので、全くもらえないということはありません。
 
 ただし、自分の遺留分を確保するには、「遺留分減殺請求」をする必要があります。
 相続が起きて、自分の遺留分が侵害されていることを知った時から1年で時効になりますので、請求しないでいると時効になり、遺留分を確保できなくなってしまいます。この点は注意が必要です。

 横浜・関内で、相続・遺言・遺留分減殺請求でお困りの方、まずは一度、弁護士による法律相談をお勧めします。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。
045-319-4536
受付時間 9:00-18:00 定休日 土曜 日曜 祝日
横浜・関内で離婚や労働問題の相談をするなら
星原法律事務所
神奈川県横浜市中区常磐町1-2-1 関内電子ビル2階B
メールでのお問い合わせはこちらから