ホーム > 交通事故

交通事故

交通事故問題について

損保会社からの提示額にご納得がいかない場合、ご相談ください。 その提案が妥当かどうかの判断をいたします。

交通事故被害者の方のご相談では、賠償金額に納得がいかないというケースや、治療の打ち切りに納得できないというケースなどがあります。
保険会社の担当者は、必ずしも皆様の味方ではありません。
言われるがままに受け入れるのではなく、しっかりと客観的に妥当かどうかの判断をすることが大切です。
当事務所では、ご依頼者様が相手側の損保会社から受けた賠償金額の提示に対して、妥当かどうかの判断をしっかりとお伝えします。

保険会社基準と裁判所基準の差

保険会社基準と、裁判所基準の差

相手側の保険会社の提示額は、あくまで保険会社のための額です。実際に裁判になったときに認められる額よりも相当低い額で提示されることが少なくありません。
まずは客観的な基準、つまり多くの裁判例をもとにした、妥当な金額を知りましょう。
弁護士が受任することで保険会社の対応は大きく変わります。裁判所基準と保険会社基準との間で有利な条件を引き出して、ご依頼者様が納得できる決着をつけていきます。

過失割合

 過失割合

賠償金の額を決めるうえでは、過失割合も争点となりやすい問題です。
事故の状況や態様によって、定型化された一定の基準がありますが、前提となる事故状況について言い分が食い違っていれば、当然、過失割合も変わってきます。
当事務所では、ご依頼者様が受けた提示が妥当かどうか、裁判になったときの見通しも含めてお伝えし、賠償金額や解決にかかる時間、労力などをトータルで見て、ご依頼者様に有利な解決になるよう進めていきます。

交通事故問題の解決事例

事故の状況についての言い分が大きく食い違っていたケース

■ご依頼前

事故の状況(自動車のぶつかり方)をめぐる主張が食い違い、当方が加害者と扱われていた状況であった。示談など、到底できる状況ではなかった。

■ご依頼後

訴訟の結果、当方の主張する事故状況が認められ、それを前提とした過失割合で解決できた。

■コメント

当方の言い分を裁判所に認めてもらうには、可能な限り証拠を集め、しっかり準備して臨むことが必要です。

人身事故。納得できる賠償金の金額で早期に示談できたケース

■ご依頼前

幸い、ケガはそこまで重くなく済んだ。裁判にせず、示談で早く解決したいと思っていたものの、保険会社の対応に納得がいかず、弁護士に依頼した。

■ご依頼後

裁判にせず示談で解決することができた。
慰謝料、損害賠償などの金額について、保険会社の提案より5割以上増額して解決できた。

■コメント

納得のいく金額を獲得しつつ、裁判にせず示談で解決するためには、お早めに相談することが有効です。

弁護士費用の詳細はこちら
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。
045-319-4536
受付時間 9:00-18:00 定休日 土曜 日曜 祝日
横浜・関内で離婚や労働問題の相談をするなら
星原法律事務所
神奈川県横浜市中区常磐町1-2-1 関内電子ビル2階B
メールでのお問い合わせはこちらから